ブログ

月が駆け抜けた星 水星 蠍座27度 「行進している軍楽隊」

みなさまこんにちは、Kakaraです。

今朝の月は、水星がいる蠍座27度を通過しました。その頃わたしはおにぎり作ってました!

現在逆行中の水星。
つい先ほど、ソフトバンクで通信障害が起きたニュースがありましたね、水星逆行中は通信や交通の障害が起きやすいとも言われています。

さて、蠍座27度。先日は、金星蠍座1度の投稿をしましたが、他人と一つになるために同じバスに乗り込む所からスタートする蠍座。27度と、もう終わりに近づいてきますと、他人を変えさせるほどの強い力を持っています。

そこでわたしが連想するのは、子どもに読み聞かせをしていた頃の星の神話の本、「星と伝説」より、「娘のゆくえ」というおとめ座の物語です。
冥界の王プルートーンにさらわれた娘ペルセポネを取り返すために、伝令の神ヘルメスが遣わされます。
そして、ヘルメスが得意の雄弁をふるって、プルートーンを説き伏せるというシーン。
蠍座の支配星である冥王星はプルートーン。水星はマーキュリー(ヘルメス)です。
冥界という蠍座の領域に入ったヘルメスはこの蠍座27度の強力な話術を使ったのでしょうか?
そんなことを、ふと思いました。

  • 月が駆け抜けた星 水星 蠍座27度 「行進している軍楽隊」 はコメントを受け付けていません。
  • astrology, Life, sabian
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る