ブログ

月が駆け抜けた星 火星 魚座19度「弟子を指導する巨匠」

みなさまこんにちは、kakaraです。

昨日月が通り過ぎた、天体二つ目、火星のいた魚座19度を紹介します。ふたご座流星群の流れ星をたくさん見た方のお話を聞きましたが、私が昨夜見えたのは月の少し近くにいた真っ赤な火星です。

魚座19度「弟子を指導する巨匠」

火星は自分の意志を社会に打ち出していく積極性や行動力、魚座の19度は、自分のやり方で人に意志を伝える、と言う度数です。それは言葉ではなく、同じような体験をさせるという方法でもあります。確かに魚座は目に見えないもの、言葉にならないものを多く学んできたのですから、教える側から発信するだけのやり方で、それを行うのには限界があります。

私も昨日はアートヴィレッジのクリスマスリース作り体験ワークショップに参加しました。本日が最終日です!

好きなリースの土台を選んで、教わったのは、ホットボンドの機械の使い方のみ。飾りは好きなのを好きなだけ使って、あとは自由にどうぞ!というワークショップでした。

自由に、と言われると困る人(私)もたくさんいると思いますが、実際やってみるとだんだん面白くなってきて、実は今回2回目です。

最近は体験型や参加型のワークショップやツアー、セミナーが増えてきましたが、これからもっと活発になるのではないでしょうか。

座学の講義やオンラインセミナー、動画を見るだけ、と言ったことに物足りなくなった方、ぜひ体感する学びをお勧めします!

 

  • 月が駆け抜けた星 火星 魚座19度「弟子を指導する巨匠」 はコメントを受け付けていません。
  • Art, astrology, Life, sabian
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る