ブログ

産後はゆっくり休みたい

こんにちは!kakaraです。
今日は年に数回ある、産後ドゥーラ養成講座にて「産後に使える手当て法」の授業をして来ました。
少し時間があったので、生まれて初めて築地場外市場に立ち寄りました。

立ち食いの海鮮丼屋さんや、お寿司屋さんがたくさん。魚も人もたくさんいました。朝の方がもっとすごいのかな?

そして、養成講座の控え室にて、気になる本を見つけました。ああ、市場なんかに寄らず、もっと早く来てみるべきでした。

テオフラストス「植物誌」。翻訳は大槻真一郎先生です。

いくつかの本の中で、大槻先生の書かれる文にいつもわたしはじわじわ感動してしまい、密かにファンでした。以前、アロマスフィアでフローライトをご購入いただいた思い出があります。とっても素敵な先生でした。

産後の手当て。

自分の産褥期は、授乳以外はほとんど何もせず寝ていたのに、すっごく大変だった(授乳で、、)1ヶ月だったと記憶しています。
そんな大変な時に、家のことを色々やろうとしている産婦さんは、本当にすごい!尊敬します!
けれども。。。身体は中々いうことを聞いてくれないと思います。それが自然のあるべき産後の身体で、回復につながっていくので、ぜひ何もしないでゆっくり休んでいただきたい。と思います。

そのことを、耳で聞いて、目で見て、頭で理解するより、身体で感じてもらった方が一番!ということで。

今日の講座では、座ったままでできる、背中、腰、肩、頭、腕へのタッチングを実習していただきました。すると、もう座っていられない、眠い、頭が気持ちいいー、腕が疲れているなー、やっぱり腰かなー、などなど、参加者の方からどんどん感想が出て来ます。これは、皆さんが自分の体からの情報を受け取っているということ。そして、もうゆっくり休みたい、となる。
これこそが、産後のお母さんに触れることの目的となります。

本当は10分くらいの技術を、約2時間たっぷり、与える側も受ける側も練習していただいたので、頭がぼーっとするかもしれません。皆さん、帰りの電車は乗り過ごさないでくださいねー!と会場を後にしました。

そして、自分が逆方向の電車に乗ってしまい。。。銀座で生徒さんに言われて気がつき急いで降りて。。。

わたしが一番、頭がぼーっとしていたみたいでした!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る