ブログ

月が駆け抜けた星 木星射手座13度「明るみに出る夫を亡くした妻の過去」

みなさんこんばんは、Kakaraです!

本日の夕方の月は射手座の木星と同じ度数になりました。

木星 射手座13度「明るみに出る夫を亡くした妻の過去」

前回の月は逆行中の木星は射手座7度「ドアをノックするキューピッド」

木星は今年の秋までこの射手座を順行、逆行を繰り返します。

サビアンシンボルで13度と言えば、その星座のカリスマ性を表す度数と言われています。射手座の13度では、今まで誰も知られていなかった謎を解き明かしたり、本にも書いていなかった新しい発見をします。木星がこの度数にあるときは、古代の謎、宇宙の新発見などなどが公になります。

そんなとんがった射手座の木星の季節に。

NASAの無人探査機「ニューホライズンズ」もついに太陽系で最も遠い小惑星、「ウルティマトゥーレ」に最接近しています。流石の13度。行けるところまで行きましたね!その姿は私には、落花生のように見えましたが。。。この発見によって、太陽系の外枠の形や歴史など、様々な謎が更に解明されていくきっかけとなるでしょう。

また我が家には、この度数に天体を持つメンバーがいます。いつも本を何冊も手に取り、何かの謎に向かって探求をしています。

  • 月が駆け抜けた星 木星射手座13度「明るみに出る夫を亡くした妻の過去」 はコメントを受け付けていません。
  • astrology, Life, sabian
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る