ブログ

月が駆け抜けた星 冥王星 山羊座23度「戦争での勇敢さをたたえる2つの賞」

こんばんは、平成最後のブログとなりますKakaraです。

3/2、月が駆け抜けた、二つ目の星は冥王星、

山羊座23度「戦争での勇敢さをたたえる2つの賞」

前回の冥王星は一度前の、山羊座22度「敗北を優美に認める将軍」でした。

社会活動をしていく上で、競争に勝つこと、そして負ける道を選ぶこと、この二つができるようになった23度は必要な時にどちらの姿勢も取ることができます。

私は山羊座の21度、22度の勝ったり負けたりは火星、23度24度は木星の惑星意識発達のイメージを持っています。

社会という現場で戦って、勝ったり負けたりといった経験があってこそ、人間としての器の大きさが生まれるのではないでしょうか?

という自分はどうなのか?

私自身の月の度数が、星座は違えど22度ということもあるからなのか、子どもの頃から基本的にはとりあえず最初は一歩引く姿勢をとりがちでした。結果、最終的にその勝負に勝つためには、時間と体力が人一倍かかってしまうことを学びました。それだけでは23度に進めない。たまには21度の積極的に本気で勝ちに行くことをしないと(火星の年齢域36-45才をとっくに過ぎてますが)!もっと器の大きい人間になりたい!

と自分に喝を入れまして、平成最後のブログを締めくくりたいと思います。

明日から令和ですが、変わらず営業しております。

どうぞよろしくお願いいたします!

 

 

 

  • 月が駆け抜けた星 冥王星 山羊座23度「戦争での勇敢さをたたえる2つの賞」 はコメントを受け付けていません。
  • astrology, Life, sabian
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る