ブログ

月が駆け抜けた星 土星 山羊座12度「講義する自然の学徒」

みなさまおはようございますKakaraです。

今日は新月、部分日蝕でしたが、その前に月は土星も通り過ぎました。

山羊座12度「講義する自然の学徒」

前回の月と土星が重なった場所は、山羊座9度「ハープを運ぶ天使」

自然界のリズムに体や生活を合わせて暮らしていると、新しい発見がたくさんあります。植物や自然現象を観察したり、自分の身体に意識を向けてみることは、本を読む以上の知恵や情報が全身から入り込んできます。それはまだ誰も知らない、世に知れ渡っていないこと。そこで12度まで進んだ土星は、少人数の集まりでそのことを確かなものとなるべく、研究、検証していきます。

山羊座は、ばらばらになった物をまとめ、一つの目的に向かった組織を立ち上げる星座ですが、まずは小さな集団を作り、その中を活性化させてゆくのです。

この時期の勉強会や研究会は、社会にとって新しいものとして形作られることになります。

私もこのブログを書いているおかげでこのたび新しい発見をしたのですが、今検証中です。

 

  • 月が駆け抜けた星 土星 山羊座12度「講義する自然の学徒」 はコメントを受け付けていません。
  • astrology, Life, sabian
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る