ブログ

月が駆け抜けた星 天王星 牡羊座30度「アヒルの池とそれが育む子供達」

みなさまこんにちは!kakaraです。

もう少しで月に追いつく私、今日は2/11に通り過ぎました、天王星のサビアンシンボルを紹介いたします!

天王星 牡羊座30度「アヒルの池とそれが育む子供達」

天王星は3回目、そしてこのシリーズの第1回目がこの天王星で同じ度数でしたので、3周目に突入します。

前回は牡羊座29度「天球の合唱隊が歌っている」でした。

牡羊座は魂の在り処を探して旅する星座ですが、牡牛座1度で身体を手に入れます。その少し前の29度では、身体の感覚よりも前段階の雰囲気とか波動のようなものを感じる度数でした。

そしてようやく、30度で自分の居場所を探すような旅を終わらせるのです。

天王星はこの7年間、目に見えない宇宙のようなものとつながって、新しい世界を見せてくれました。しかし今では、当たり前のことのように宇宙人や目に見えない存在の話題が上がって来たりする世の中。もうそんなに目新しいものではなくなって来ました。これからは、次の牡牛座、自分の身体、生まれ持った資質などに目を向けることで、新しさを呼んでくれるでしょう。最近、病気以外でも才能や特性などを知る遺伝子検査などが注目されていて、牡牛座の天王星らしい印象を私は受けています。

そして天王星が次にこの牡羊座の度数に来るときまで、私は生きていられません。息子がちょうど100才くらいになっているでしょう。

来週は、マザーズオフィスで天王星のクラスをやらせていただくことになりました。今からとても楽しみです!

惑星意識1dayセミナー 天王星の使い方ー自由への道ー

  • 月が駆け抜けた星 天王星 牡羊座30度「アヒルの池とそれが育む子供達」 はコメントを受け付けていません。
  • astrology, Life, sabian
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る